×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛と間違えやすい病気 肉ばなれ

肉ばなれ

関節を曲げようとしたときに、筋肉や腱が強く引っ張られて部分的に傷ついたり切れたりして起こります。
肉ばなれは筋肉を作っている筋膜や、筋線維が引き伸ばされて断裂した時に起こります。

筋または腱が切れた途端に、急激な痛みを感じるのです。
痙攣の症状と似ていますが、痙攣の場合だと筋肉を伸ばせばすぐに症状が治まりますので、症状が治まらなかったら肉ばなれを考えるようにしてください。

肉ばなれになった瞬間に断裂音が聞こえることもあります。
肉ばなれになると、痛みが強いために力を入れることが出来なくなってしまいます。
そして、炎症を起こしている部分がへこんでいることが見てわかります。

皮下出血もみられて、腫れてきてやがて硬いシコリとなり、その部分を押すと痛みます。
肉ばなれになる原因は、運動をする前に十分に準備運動をしなかったために起こることが多いです。
筋力の左右差の差などの、アンバランスな筋力が原因となって起こることもあります。

肉ばなれが起こったときは安静にしてその部分を冷やしましょう。
その後、肉ばなれを起こしたときは安静にすること、冷やすこと、圧迫すること包帯で圧迫し、血流が滞らないように肉ばなれを起こした部分を心臓より高くするようにしてください。

こうすることで腫れを抑えることが出来ます。
この一連の治療を行うことで、炎症を大分抑えることが出来ます。

治療法は安静にすること、冷やすこと、圧迫すること、高い位置(心臓より高い位置)に保つことです。
以上の4点に注意するようにしましょう。



sexgirl


筋肉痛と間違えやすい病気


46815