×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛と間違えやすい病気 脛骨過労性骨膜炎

脛骨過労性骨膜炎

脛骨過労性骨膜炎というのは、すねに筋肉が付着している部分が繰り返し使われることによって、骨膜に炎症を起こしたことを言います。
ランニングやジャンプのときに痛みが出て、症状が進行すると歩くことさえ難しくなることがあります。

炎症を起こした部分を指で抑えると痛みを感じますが、腫れなどは殆どみられません。
しかし脛骨過労性骨膜炎は両側に起こることがあります。

この疾患は固い地面で運動を行うことが原因でよく起こるので、陸上競技、バスケットボール、サッカー、バレーボールなど、ランニングとジャンプが多い競技の選手などはよくなる疾患です。
またO脚など、骨格のバランスがよくない方も起こりやすい疾患でしょう。

原因はジャンプなどをした時にかかる脚への負担を脛骨の周囲の筋肉が吸収できず、脛骨に無理がかかるためと言われています。
後脛骨筋などの筋肉の使い過ぎによる炎症なので、応急処置として冷やした後、アイスマッサージや温熱療法などを行うようにしましょう。

その後は消炎鎮痛剤で治療することになります。
また練習量を減らすようにして、ランニングやジャンプなどを行わないようにしてください。
ふくらはぎの筋肉のストレッチなども十分に行うようにしましょう。

脛骨過労性骨膜炎は疲労骨折と症状が良く似ていて、脛骨過労性骨膜炎から疲労骨折になるという話もあるので、自分で判断せずに病院に行き、医師の診察を受けるようにしましょう。



sexgirl


筋肉痛と間違えやすい病気


46815