×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の予防と対処 ウォーミングアップ

ウォーミングアップ

ウォーミングアップというのは、「運動によるケガの防止や、主運動を行うための身体の準備、その運動に対する能力を最大に発揮できる状態を作ること」になります。
そのためスポーツなどの運動をする前に、ストレッチや軽いランニングなどのウォームアップをするといいでしょう。

ウォーミングアップをすることによって自然と筋肉が温まって血液の循環が良くなり、疲労物質の代謝を促します。
またウォーミングアップによって筋肉がほぐれますので、怪我の防止にも効果的です。

体温の上昇に伴い筋肉や関節が温まることで、運動中の事故や傷害の予防になるのです。
特にウォーミングアップをしない状態で激しい運動をすると肉離れになる可能性が高くなります。

体温を上昇させて、血液の循環を良くすることは心臓や肺の急激な負担も避けることが出来ます。
ウォーミングアップの方法は、各スポーツに共通しています。
全力で運動する前に、筋肉を徐々に動かすようなステップを踏むようにしましょう。

以下にそのステップを紹介します。

@軽いランニング
ランニングをしながら腕を使うスポーツをする場合は、肩を回したりするのも効果的です。

Aスポーツ種類別のストレッチ
これからやろうとしている運動で、主に使うことになると思う筋肉を使う方向と逆の方向に伸ばして筋肉の可動範囲を広げます。

B軽い負荷からだんだん強くする
これから使う体や筋肉を、軽い動きからだんだん強く動かしていくようにしましょう。

ウォーミングアップの時間は基本的には10〜15分程とされています。
これは少し汗ばむ程度になります。
気候条件や運動種目などによって時間が違ってきますが、運動で動かす部位を念入りに使うことが大切です。



sexgirl


筋肉痛の予防と対処


46815