×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のちょっと豆知識 年齢とともに筋肉痛が発生するのが遅れる理由

年齢とともに筋肉痛が発生するのが遅れる理由

年を取ると、筋肉痛が何日か遅れて出てくるという話は聞いたことがあると思います。
では筋肉痛が発生するのが遅れる理由というのは、一体何なのでしょうか。

これを実験した結果があるのですが、この理由は解明されていないようです。
同じ人物でも筋肉の場所によって、筋肉痛が出てくる時期が異なったりするという不思議な結果が出ました。

日頃あまり体を動かしていない人がいきなり運動をすると、翌日に筋肉痛になることが多いです。
痛みの程度は人によって異なりますが、年齢が高い人は痛みがすぐに治らなかったり、筋肉痛になるのが遅かったりします。

同じ運動を行っても痛みに差が出るのは、痛みを受け止める神経の感受性や筋肉の質に違いがあるからと言えます。
神経の感受性というのは年齢と共に低下していきます。
そして筋肉の質も同じように低下します。

日頃から運動をしている方なら質を維持することが可能ですが、年齢を重ねる毎に運動をする機会というのも減ってきます。
そのため日頃から運動をあまりする機会のない中高年の方が急に運動をすると、若い頃に比べて筋肉痛の発生が遅くなったり、筋肉痛が長引いたりするのでは?とも考えられています。

そのため筋肉痛の発生の時期は年齢に関係あるというよりも、筋肉の特性や筋肉の質、それから運動の種類などに影響を受けていると言えるのではないでしょうか。



sexgirl


筋肉痛のちょっと豆知識


46815