×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の予防と対処 アイシング

アイシング

アイシングとは、体の一部を氷などによって冷やすことを言います。
アイスバックなどで疲れている部分に当て、タオルなどで固定して放置しておきます。

筋肉痛の酷い部分を局地的に冷やすことで、血行を促進させるのです。
完全に痛みがなくなるわけではありませんが、アイシングは非常に有効な手段と言えるでしょう。

体を冷やすというと打撲などの炎症の時にするものだと思う方も多いかと思いますが、激しい運動を行うと筋肉の体温は上昇します。
上昇すると、肩の筋繊維や関節の組織が少し傷ついた状態になってしまいます。

そしてある程度の時間が経つと、傷ついてしまった組織は炎症やむくみを起こします。
この状態は怪我などが原因ではありませんが、怪我をした時と似たような状態と言えるかもしれません。

炎症やむくみなどの自然反応は傷ついた組織を回復させるために必要なものと言えますが、必要以上に炎症を起こしたりむくんだりすると、炎症を起こしていない回りの細胞まで傷つけることになるので、回復が遅くなってしまいます。
そのため、上がりすぎた筋肉の温度を適温に戻すためにその部分を冷やします。

炎症などの反応を落ち着かせるためにアイシングを行うのです。
アイシングをきちんと行うことによって、よく使った筋肉の炎症を最小限に抑えることが出来ます。

アイシングは氷水で15〜20分冷やすのが一般的です。
効果的な予防法ですが、冷やしすぎにも注意するようにしましょう。



sexgirl


筋肉痛の予防と対処


46815