×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 ケトプロフェン・フェルビナク

ケトプロフェン・フェルビナク

インドメタシンと同様の消炎、鎮痛剤です。
抗炎症薬を含む外用薬になります。
軟膏やクリームや貼り薬などもあります。

どの場合でも有効成分が皮膚から患部に浸透して、炎症を抑えてくれます。
そのため炎症が鎮まって、腫れや痛みを和らげてくれます。
作用はアスピリンやイブプロフェンよりも強い作用を持っていると言われています。

しかしケトプロフェン・フェルビナク共に非ステロイド性抗炎症薬のプロピオン酸系の一つになりますので、ステロイドのものと比べると炎症を抑える力は弱くなりますがが、素人でも使いやすい薬と言えます。
ケトプロフェン・フェルビナクを使用するだけでは、病気の原因となっているそのものを治すことは出来ません。

ですが炎症を起こしている症状を軽くして、回復の手助けをしてくれます。
ケトプロフェン・フェルビナクは内服、外用共に、腰痛などの関節の痛みや頸肩腕痛に用いられます。

内服と坐薬の場合は、慢性関節リウマチなどにも使用されます。
ですが胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがある方はこれらを使用することによって、症状が悪化してしまう可能性があります。
また腎障害を起こす可能性もありますので、使用しないようにしてください。

その他の副作用としては稀に発疹、発赤、腫脹、かゆみなどが出る場合があるので、使用の際は注意するようにしましょう。
本剤に過敏症の人では接触皮膚炎などの全身症状を起こしてしまうこともあるので、そのような時は直ちに使用を中止して医師に相談するようにしてください。

※ケトプロフェン・フェルビナクを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815