×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の原因 筋肉を修復する時の炎症

筋肉を修復する時の炎症

家をリフォームするときなど、弱くなってしまっている壁や柱を取り替えたりするかと思います。
それと同じように傷ついてボロボロになって、筋肉の繊維というのは一度分解されて、その部分に新しい筋繊維を合成します。

この作業を行うときに痛みが起こる場合があります。
筋肉が一度分解されることによって起こる痛みで、運動した後に遅れて発生する筋肉痛の原因の1つとして、こちらも有力な仮説になります。

筋肉痛の最も大きな原因は先ほど説明した、筋肉組織の部分的な損傷や炎症と言われています。
激しい運動をすると、筋繊維やその結合組織が損傷するからです。

その損傷を修復するためにカリウム、ブラジキニン、ヒスタミンなどの物質が神経を刺激したり炎症を起こしたりするので筋肉痛になるのです(ここでいう損傷というのは、筋肉が断裂するようなものではありません)。
実際に筋肉を使ってから修復するまでに期間があるので、数日後に筋肉痛が起こることもあります。

しかしこれも炎症反応と筋肉痛の発生までにタイムラグがあると言われています。
また抗炎症剤等でも痛みが軽減することがあまり確認されずに軽減したとしても、極めて小さな効果しか確認されていないことから、関連性を疑問視する声も上がっています。

筋肉に力を入れながら、その筋肉を伸ばすような運動をすると筋肉痛になりやすいということも最近ではわかっています。
重い荷物をゆっくり下ろしたり、下だり坂を下りたりする運動などが筋肉を伸ばすような運動に当たります。



sexgirl


筋肉痛の原因


46815