×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 イソプロピルアンチピリン

イソプロピルアンチピリン

イソプロピルアンチピリンはピリン系の鎮痛解熱成分です。
ピリンというのはアミノピリンなどのピラゾロン骨格を持つ解熱鎮痛成分のことを言います。

頭痛薬ではよく主成分として使用されています。
イソプロピルアンチピリンは単独で使用するよりも、他の熱・鎮痛成分と配合した方が効果を発揮すると言われています。

風邪に伴う発熱、喉痛、悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛など、様々な症状を和らげてくれる効果があります。
イソプロピルアンチピリンというのは元々医療用医薬品の成分になるので、他の薬剤より比較的強い解熱作用、鎮痛作用を期待できるようです。

一般的な解熱鎮痛成分と比較しても、副作用も比較的少ないと言えます。
しかし効果が強い反面、過敏症が出やすい薬になります。
この薬は、蕁麻疹やショックなどの強いアレルギー性の副作用を起こす人がいるので注意が必要です。

ピリンアレルギーのある方が服用すると発疹が出るので服用は出来ません。
ピリンアレルギーでなくても、アレルギー体質の方が飲むと発疹などの副作用が出ることがあるので、自分自身はもちろんですが、家族などでアレルギー体質の方がいる場合は服用する際に注意するようにして下さい。

医療用だと他のものも沢山ありますが、一般医療薬ではイソプロピルアンチピリンが唯一のピリン系解熱鎮痛薬になります。
そのためこの成分を配合していない解熱鎮痛剤や総合感冒薬には「非ピリン系」と明示されています。

※イソプロピルアンチピリンを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815