×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 イブプロフェン

イブプロフェン

イブプロフェンは、非ステロイド系消炎鎮痛剤です。
関節痛や生理痛、それから発熱などの症状を和らげてくれる効果があります。

痛みを知らせてくれる物質である、プロスタグランジンの生産を制御してくれます。
イブプロフェンはアスピリンに比べると解熱鎮痛作用、抗炎症作用とも強くなります。

イブプロフェンは元々医療用医薬品になるので、他の薬剤よりも強い解熱作用と鎮痛作用が期待できるわけです。
また他の成分よりも効き目が早いというのも特徴です。

しかし胃腸障害の副作用などは比較的少なく、安全性の高い薬と言えます。
非ステロイド系消炎鎮痛剤の中では最も胃腸障害が少ない薬と言えるでしょう。

またイブプロフェンを長期的に摂取することによって、ガンのリスク低減や血栓の予防などの効果も得ることが出来る可能性があるとされています。
その他にも低用量のイブプロフェンを長期間摂取することで、プラセボ対照群に対し優れたアルツハイマー型痴呆の予防効果を示すという結果も出ています。

このことについてはこれから更なる研究がされることでしょう。
このようにイブプロフェンにはメリットが沢山ありますが、稀に発疹やかゆみなどの皮膚症状や頭痛やめまいなどの神経症状、それから喘息などの副作用が出ることがあります。

喘息は大変な病気なので、喘息をお持ちの方や喘息気味の方はイブプロフェンが含まれている薬は避けるようにしましょう。
またアレルギー体質の方も服用する際は注意するようにして下さい。

※イブプロフェンを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815