×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の原因 筋肉・結合組織の損傷

筋肉・結合組織の損傷

筋肉は大きな力で収縮を繰り返すと、小さな断裂を起こすことがあります。
筋肉の中には伸び縮みせずに強度を保っている結合組織という部分が存在するのですが、筋肉が大きく形を変えることによってこの結合組織が傷つくと言われています。

傷ついた部分が炎症を起こすことにより痛みが通じるのです。
筋肉痛の原因は筋肉そのもののダメージが原因なのか、筋肉の周りの結合組織のダメージが原因なのかということが考えられますが、この結合組織損傷説は筋肉痛になる原因として最も有力な仮説とされています。

結合組織というのは筋肉に比べて弾力性がありません。
そのため伸張性収縮に伴って、筋肉がストレッチされる時にもあまり伸びないのです。
激しい運動などを行った際に結合組織に損傷が生じ、炎症が起こることによって痛みが出るのではないかと言われています。

しかしこれも仮説となるので、明確なメカニズムというのはわかっていません。
これが分かれば筋肉痛の原因もはっきりするかもしれません。
結合組織の損傷が原因で筋肉痛が起こっている場合は運動の直後に起きることが多くなり、すぐに回復します。

つまりすぐに痛みが表れて、すぐに痛みがなくなるということです。
稀に運動した後の2日後ぐらいまで痛みが続くことがありますが、殆どの場合はすぐに痛みは治るので、中々痛みが治らなかったり、痛い部分がへこんでいたりする時は病院に行って診察してもらうようにしましょう。

その場合はただの筋肉痛ではなく、肉離れなどの損傷を起こしている可能性があります。



sexgirl


筋肉痛の原因


46815