×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 サリチル酸メチル

サリチル酸メチル

サリチル酸メチルは、サリチル酸をメチル化して合成したものです。
ラカバ油、ゲッカコウ油、カッシア油など約160種類もの植物が配糖体として含まれています。

無色から淡い黄色のような色をしていて独特の匂いがしますが、市販で販売されているものは殆どは合成品になります。
サリチル酸メチルは知覚神経に作用して、鎮痛、鎮痒作用があると言われてます。

また末梢血管を拡張して、血流を改善する作用も持っています。
しかし皮膚からの吸収が良いため傷ついた皮膚や粘膜などに使うと、頭痛、悪心、嘔吐、食欲不振、頻脈などを起こす恐れがあります。
そのため配合する量には注意するようにしましょう。

サリチル酸メチルは化粧品としても使用されています。
化粧品では、ふけ・かゆみの予防や育毛を目的とした頭髪用化粧品、整肌を目的とした基礎化粧品など様々なものに配合されています。

サリチル酸メチルを含んでいる消炎鎮痛剤を皮膚に塗ったり湿布を貼ったりすると、薬剤がその部分を刺激して代謝を高めてくれます。
それによって炎症を抑えてくれるのですが、それとは他の効果も期待されているようです。

代謝を高めてくれることによって部分痩せするのではないか?と言われているのです。
ボディビルダーなどは皮下脂肪を極限まで落とす必要がありますが、サリチル酸メチルを含んでいる消炎鎮痛剤を塗って運動するとその部分の皮下脂肪が落ちやすくなるという経験が口コミで広がり大変人気があるようです。

※サリチル酸メチルを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815