×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のちょっと豆知識 筋肉痛に乳酸は効くってほんと?

筋肉痛に乳酸は効くってほんと?

乳酸は筋肉痛の原因である疲労物質だと言われています。
筋肉に乳酸が溜まって筋肉の収縮を止めてしまうので、筋肉が疲れてしまうのです。

無酸素運動を行うと、筋肉の中に存在するエネルギー源であるグリコーゲンが発生します。
そのグリコーゲンが乳酸という疲労物質を作るといわれています。

有酸素運動の場合はグリコーゲンを分解する時に使われる酸素を沢山取り込むことが出来るので、乳酸を蓄積することがありません。
しかし運動してから数日後に起こる筋肉痛に乳酸が関係している可能性というのは、現在では殆どないことが分かっています。

乳酸は筋肉を疲れさす原因であり悪い物質のように思いますが、乳酸というのはホルモンの分泌を促してくれる働きがあるとも言われています。
成長ホルモンが沢山分泌されると、筋肉が発達しやすくなります。

つまり乳酸は筋肉を疲れさす原因でもありますが、筋肉を発達させやすくしてくれるものでもあるということです。
加圧トレーニングなどは、この成長ホルモンの分泌を多くしてくれる乳酸を応用したトレーニングになります。

また疲労を和らげてくれる効果もあります。
乳酸は身体を動かすために必要な、エネルギーを作る物質の代わりをしてくれるているのです。

乳酸は運動を始めて30分後には減っていき、エネルギー生成に必要な物質に代わって働き出します。
乳酸は身体に必要不可欠な成分であるとも言えるでしょう。

乳酸自体が直接エネルギー源になることはありませんが、心臓と遅筋のエネルギー源の元と言えます。



sexgirl


筋肉痛のちょっと豆知識


46815