×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛と間違えやすい病気 アキレス腱断裂

アキレス腱断裂

筋肉の急激な動きによって、アキレス腱が断裂することがあります。
準備運動が不足していたり、急にジャンプしたりしたときに起こります。

アキレス腱が断裂すると突然「ブチッ」という音とともに足首の後方に痛みを感じ、力が抜けてしまいます。
足首の後ろにあるアキレス腱が切れたところで歪んでいるので、見た目でも分かります。

そしてその部分を押すと痛みます。
その時点ではなんとか歩くことが出来ますが、つま先立ちをすることが出来ません。
そのためつま先立ちで歩くことが出来なければ、アキレス腱断裂の可能性を考えるようにしましょう。

アキレス腱の断裂というのは激しい運動を行うようになれば、誰でも発症する可能性があります。
年齢や競技レベルなどにも関係なく起こる可能性があります。

アキレス腱の断裂がどうかを確かめるには、アキレス腱の部分にへこみがあるかどうかを確認するのが一番分かりやすい方法です。
特殊な検査などは必要ありませんが、症状が肉ばなれととても似ているので、肉ばなれと診断されてしまうこともあります。

そのため腫れと痛みが強い時は、自分でアキレス腱の部分にへこみがあるかどうかを確認しておきましょう。
アキレス腱断裂でも、部分断裂の場合はギブスで固定するだけで治る場合もありますが、多くは手術でアキレス腱を縫合することになります。

手術後3週間ほどギブスで固定します。
受傷後2ヶ月間は再断裂の恐れがあるため、普通に歩けるようになるためには最低2ヶ月はかかります。



sexgirl


■筋肉痛と間違えやすい病気


46815