×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のキホン 筋肉痛のメカニズム

筋肉痛のメカニズム

筋肉痛には筋疲労によるものと、筋損傷によるものがあります。
一般的なスポーツなどの筋疲労による筋肉痛のメカニズムは、肩こりとよく似ているといわれています。

筋疲労はスポーツやウォーキングなどによって、筋肉を使ったことによって引き起こされます。
翌日あるいは2〜3日してから痛むのかについては未だ解明されていませんが、激しい筋収縮により筋肉への酸素供給が間に合わなくなると、エネルギー源(ブドウ糖)が不完全燃焼を起こして、乳酸が残るため…と考えられるのが一般的です。

この他にも運動をすると筋肉がダメージを受けることになりますが、それを修復する時に痛みが出るとの考えもあります。
その他に考えられるのは、筋肉そのものが破損している時の痛みになります。

普段運動をあまりしない人が急に運動などをした時に起こるものです。
この痛みは若い頃には翌日に出ますが、年齢を重ねると何日か遅れて出るようになると言われています。
これにはきちんとした理由がまだ解明されていませんが、血管と老化が関係していると言われています。

筋肉の損傷を修復する時というのは白血球が損傷した筋繊維を取り除きますが、この時に発生する物質が筋膜を刺激して痛みを発生することになります。
そのため毛細血管が細くなってくると血液の循環が悪くなり、その結果遅れて痛みが出るようになるのです。

痛みのメカニズムについてはいくつかの仮説がありますが、どれも統一された学説となるには至っていません。
しかし現在では、筋線維とその周りの結合組織の損傷が回復過程において炎症を起こして、その際に発生した発痛物質が筋膜を刺激するというのが有力となっています。



sexgirl


筋肉痛のキホン


46815