×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の超回復について 超回復の効果

超回復の効果

超回復を促すためにはいくつかの条件があります。
それが休息と栄養になります。
トレーニングの量や強度などにより違ってきますが、超回復の効果を出すには運動した後2日〜3日ほど休息を取るといいと言われています。

筋肉トレーニングを行うと筋肉が断裂して破壊されてしまうのが筋肉痛を起こす原因になるのですが、休息を取ることによって修復されていくのです。
休息せずに筋繊維が回復しないまま別のトレーニングを行うと、筋繊維が回復する前にさらにダメージが大きくなってしまうので、発達が出来なくなるどころか能力が低下してしまいます。

休息期間が短すぎると疲労が蓄積するだけで効果がありませんが、休息時間が長すぎても超回復の効果が過ぎてしまうので中々難しいです。
筋肉が回復するまでの期間というのはトレーニングの強度、食事内容、筋肉の種類、また生活状態によって変わってきます。

2日〜3日ほど休息するといいと一般的には言われていますが、24時間、48時間というようにきっちりその時間で疲労が回復したり、筋繊維が太くなるわけではありません。
そのため自分の体をよく知ることが大切です。

どのような状態で回復したりするのか、トレーニングの記録を付けることをお勧めします。
また休息期間にただ休息しているだけでは、超回復の効果を得ることは出来ません。

超回復には栄養もとても大切なものになるので、破断した筋繊維を修復させるためには良質なたんぱく質などの栄養が必要になります。
筋肉増強に効果的で有名なものにプロテインがありますが、これも飲むタイミングがとても重要です。

超回復しているタイミングに飲むようにしましょう。



sexgirl


筋肉痛の超回復について


46815