×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の原因 疲労物質の蓄積

疲労物質の蓄積

一般的には筋肉痛の原因は乳酸といわれています。
ハードな運動をすると、筋肉に乳酸などの疲労物質が溜まります。
それが溜まることによって筋肉が酸性になってしまい筋肉を傷め、痛みとなって表れるのです。

疲労物質には乳酸、アンモニアなどの物質がありますが、この物質が体内のアルカリ濃度を下げることによってエネルギー源のATPが働きにくくなります。
それによって身体的な疲労を感じるのです。

疲労物質は運動直後に最も増加しているので、運動直後に起こる筋肉の痛みの原因は殆どがこれによるものと言えるでしょう。
ハードな運動を行えば行うほどに、筋肉の中には乳酸などの疲労物質が溜まるということになります。

しかしこの身体的な疲労には、肉体労働などで筋肉を酷使することによって生じる疲労だけではありません。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢を取り続けることでも生じる疲労になります。

肉体労働などで起こる疲労は、筋肉中に乳酸やアンモニアなどの疲労物質が残って筋肉のハリを生じる全身的な症状になります。
この場合は十分に休養を取ることが一番の対策と言えます。

デスクワークなどによる疲労の場合は全体が疲れているように感じますが、同じ姿勢をしたことによって血液の循環が悪くなり、それによって筋肉が張ったりこったりするものなので、筋肉が部分的に疲れているのだと言えます。
この場合は筋肉痛などが生じた箇所をほぐしたりすると効果的になります。



sexgirl


筋肉痛の原因


46815