×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の予防と対処 入浴

入浴

激しい運動をした日はゆっくりと入浴するようにしましょう。
ぬるま湯でゆっくりと身体を温めるのは、筋肉をほぐす効果があります。

身体中の血管が広がり、血液の流れが促進されます。
血行が良くなることで、乳酸などの疲労物質を早めに排出することも出来ます。

お風呂に入ると血管が活性化されますが、それと共に筋肉も活性化されます。
38度〜39度ぐらいのぬるま湯のお湯に、みぞおちぐらいまで浸かる半身浴が一番お勧めです。
熱いお湯よりもぬるいお湯のほうが効果的なので、出来れば40度までに抑えるようにしましょう。

そしてマッサージを行うと血流は更に良くなり、発痛物質や疲労物質が追い出されます。
また入浴中に平行して、疲労している筋肉に軽くマッサージをするとさらに血流が良くなって、発痛物質や疲労物質が減少して疲労回復を促進してくれます。

乳液などを塗って、つぼを指圧するというようなマッサージも効果的と言われています。
筋肉痛の予防にもなりますが、お風呂でマッサージを行うことによって疲れも癒えるでしょう。

最近は血行が良くなる入浴剤というものもあるので、入浴剤を試してみるのもいいかもしれません。
しかし筋肉痛を予防するにあたって最初に重要なのは、炎症を押さえる事です。

そのため運動直後はクールダウンやアイシングなどを行うようにして、運動後すぐにはお風呂に入らないようにして下さい。
ある程度炎症を抑え、それからぬるま湯にゆっくりと浸かることで筋肉がほぐれるのです。



sexgirl


筋肉痛の予防と対処


46815