×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 アスピリン

アスピリン

アスピリンはアセチルサリチル酸とも呼ばれる解熱・鎮痛・抗炎症成分です。
解熱鎮痛の目的で用いられますが、病院で処方する場合は抗炎症作用、抗リウマチ作用、抗痛風作用などの適応があります。

アスピリンはピリンという名前が入っているためピリン系の一種だと思っている方が多いですが、アスピリンは非ピリン系の解熱鎮痛薬になります。
アスピリンは発熱時の体温を迅速に下げてくれる他に頭痛、筋肉痛、関節痛、月経痛、神経痛に効果的と言われてます。

また出血時間を延長させるという効果もあります。
血を固まりにくくする効果があるので、欧米では血栓症の予防にアスピリンが使われています。

しかし胃酸分泌を制御して胃の粘膜の保護を抑えるために、イオン補足により胃細胞に取り込まれたアスピリンがプロスタグランジン生産を抑制する働きをするので、胃障害が生じる副作用があると言えます。
殆どの場合は副作用を抑える目的で、制酸薬が同時に配合されます。

また薬を同時服用する場合は注意が必要です。
アスピリンと同時服用することで、血糖降下作用が強くなってしまう薬があります。
血糖降下作用が強くなってしまうと低血糖を起こしてしまうことがあるので、糖尿病の薬と他の薬を服用する際は必ず医師に相談するようにしましょう。

またビタミンK欠乏症や血友病、出血傾向がある方はアスピリンの服用は危険ですので、避けるようにしてください。

※アスピリンを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815