×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 アセトアミノフェン

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは解熱鎮痛薬の一種です。
軽い発熱や寒気、それから頭痛などの症状を抑える解熱剤や鎮痛剤として用いられる主要な成分の1つと言えます。

アセトアミノフェンは比較的早く作用し、熱を下げます。
小児に対する安全性が比較的高いと言われています。
解熱鎮痛効果はアスピリンとほぼ同等ですが、抗炎症効果は殆どないようです。

そのためインフルエンザの際にも、解熱剤として用いられることがあります。
アセトアミノフェン成分は一般的な風邪薬の中にも入っているので、200種類以上製造し販売されています。

アセトアミノフェンは非ステロイド性抗炎症薬とは違って胃を刺激しませんし、胎児の動脈硬化などの影響もありません。
大きな副作用もないというメリットもあります。

解熱鎮痛剤全てに言えますが、服用することで胃があれることがあるので空腹の時に飲むのはやめるようにしましょう。
痛いときや熱がある時に使う薬なので、それらを飲んでも病気そのものを治すということではありません。

風邪薬や痛み止めとして通常の量を普通に使う分には安全な薬ですが、大量に服用してしまうと肝臓・腎臓・心筋に重い障害を起こすこともあります。
沢山飲んでしまうと致死量にまで到ってしまうことがあります。

肝臓の障害は進行するといわれているので注意するようにしましょう。
アルコールとの同時摂取は肝障害を特に起こしやすくなるので、一緒に摂取しないようにしてください。

※アセトアミノフェンを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815