×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛のための薬 インドメタシン

インドメタシン

インドメタシンは痛みのある部分の炎症を抑えたり、鎮痛作用をもたらしてくれるものです。
体内で痛みや炎症の元となる物質が作られるのを防いでくれるのです。

そのため痛みを取るのはもちろんのこと、腫れを取る作用もありますので、リウマチ性の疾患や腰痛、関節痛、筋肉痛などに効果的になります。
インドメタシンは従来、皮膚からは吸収されないと言われていて、病院で処方される薬では内服薬や坐薬として使われていました。

インドメタシンを皮膚から直接吸収させる外用剤として、筋肉や関節の痛みを取ることができるようになったのは極最近のことです。
インドメタシンは以前は医師の処方がなければ使うことの出来ない成分でしたが、最近は処方せんがなくても販売できるようになったので、薬局でも簡単に購入することが出来るようになりました。

インドメタシンを使用する時は、いくつか注意しなければならないことがあります。
同じ部位に長時間使用することは避けるようにしてください。
特に貼り薬の場合は注意して下さい。

使用を続けても筋肉痛などの痛みが治らないときは、使用を中止するようにしましょう。
また喘息やアレルギーなどがある方は、使用する前に医師にきちんと相談するようにしてください。
なお、妊婦の方には使用はお勧めできません。

インドメタシンには外用のシップ、クリーム、ローション、坐薬など様々な種類があります。
効果を期待することが出来るものほど副作用が出やすくなるので、心配なことがある方は製品を購入する際に薬剤師さんなどに相談することをお勧めします。

※インドメタシンを使用する際は必ず医師、薬剤師に相談してください。



sexgirl


筋肉痛のための薬


46815