×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筋肉痛の原因・解消ガイド TOP  → 筋肉痛の超回復について 筋肉痛の超回復について 超回復とは

超回復とは

筋力トレーニングなどをする上で知っておきたい言葉に「超回復」というものがあります。
筋力トレーニングと休息の関係を理解する上でまず重要なのは、この「超回復」という現象をよく知ることが大切です。

筋肉トレーニングをすることで疲労が溜まって筋肉痛が起こることが多いですが、きちんと休憩を取ることにより、今まで以上の力を発揮することが出来るというのが超回復になります。
休息の間に、筋肉の総量がトレーニング前よりも増加するのです。

日常であまり使うことがない筋肉に負担をかけると筋繊維が傷つきます。
それが回復した時、傷つく前よりも太く再生されます。
これが超回復になります。

骨折をしたとき、折れた部分が以前よりも太くなって回復することがありますが、これと同じになります。
こうした超回復の時期にさらにトレーニングを行うことによって、高度な超回復の時期を経てトレーニングを繰り返すことで、体力や筋力が出来あがっていきます。

回復する際に必要なのは、「栄養」と「休息」です。
例えば風邪を引いたらビタミンなどの栄養を摂って休息しますが、筋肉もそれと同じです。

運動で筋繊維が傷つくと、それを修復させようと、たんぱく質や糖質などの栄養を摂取して回復をしようとします。
ここで無理をしてしまうと筋繊維は強くなるのではなく、逆にダメージを受けて弱くなってしまいます。
そのため休息はとても大切になります。

痛みがある際の無理な筋肉トレーニングは逆効果になるので、筋肉痛が治まるまではゆっくりと休むようにしましょう。



sexgirl


筋肉痛の超回復について


46815